フィンランドの低炭素ソリューション

フィンランドはサーキュラーエコノミー(循環経済)により気候変動への取り組みを先導している国です。サーキュラーエコノミーはエネルギー、資源、製品など、すべてを再考するアプローチで全産業にわたる経済モデルです。

フィンランドは世界で初めてNational Road Map to a Circular Economy(サーキュラーエコノミーに向けた国家ロードマッップ 2016-2025)を策定しました。これはフィンランドの経済モデルをサステナビリティ、クリーンな環境、良い生活を確保するために改革するというものです。サーキュラーエコノミーでは、フィンランドの伝統的な強みである林業が寄与しています。

フィンランドには、革新的なバイオ製品と技術の開発に関して、世界に誇るノウハウがあります。木質バイオマスの産業開発は変革の過程にあり、説得力のある新しい可能性を創り出しています。木材は、包装材料や織物繊維など、付加価値のある多様な製品や革命的なバイオマテリアル革新の原材料となっています。

フィンランドのスマートエネルギーのノウハウは、世界のエネルギー変換にいつでも貢献することができています。フィンランドは世界でもっとも先進的な送電網市場の一つで、次世代スマートエネルギーソリューションの理想的なテストベッドです。

再生可能エネルギー生産の分野では、風力・太陽光発電、P2X(パワー・トゥー・エックス)ソリューション、バイオ燃料、バイオエネルギーに重点を置いています。研究開発に関しては、P2Xソリューションにますます力を入れています。このような開発をすべて組み合せることで、新たなビジネスチャンスが生まれます。