Tokyo 2020 Metsä Pavilion

2020年秋、駐日フィンランド大使館敷地内にオープンした「メッツァ・パビリオン」では、2021年末までフィンランドの企業やサステナビリティをはじめ、
様々な角度からフィンランドの魅力を紹介しています。

東京オリンピック・パラリンピック期間中、フィンランド代表チームの
ナショナル・パートナーハウス「Home of Finland」としての役割を果たします。

東京で、

フィンランドに

出会う2020-2021

東京のフィンランドへようこそ!

Business Finlandはフィンランド大使館とパートナー企業各社と共に、東京の中心地にある駐日フィンランド大使館の敷地内にメッツァ・パビリオンを開設しました。持続可能な森林環境で育てられたフィンランド産の木材を使用したパビリオンは、フィンランドの木材業者・メッツアグループによりプロデュースされました。

メッツァ・パビリオンは2020年秋にオープンし、2021年末までフィンランド・イベントを開催予定です。東京オリンピック・パラリンピック期間中は「Home of Finland」に名称を変え、フィンランド代表チームの公式パートナーハウスに生まれ変わります。

自然・テクノロジー・サステナビリティをテーマに掲げるメッツァ・パビリオンは、フィンランドの文化とビジネスを広める素晴らしいプラットフォームであると同時に、フィンランドから日本への歴史的な輸出キャンペーンとなるでしょう。

メッツァ・パビリオンはフィンランド企業や組織によるイベントやPR活動の場として使用されます。オープン期間中、事前登録制の一般向けのパビリオン見学ツアーも行います。ツアーの詳細や申し込み方法はこちらのページの下にあるリンクをご覧ください。

メッツァ・パビリオン(Home of Finland)へ是非お越しくださいませ。

ようこそ!Tervetuloa!(テルべトゥロア!)

木造建築の

マスターピース

メッツァパビリオンはフィンランドデザインの木造建築の代表とも言える建物です。建材にKerto LVL®を採用したことで環境に優しく持続可能な建築が実現し、プロジェクトの効率化にも繋がりました。パビリオンの設計は数々の受賞歴があるフィンランドの建築事務所Helin & coによるものです。

サステナビリティはメッツァパビリオンのテーマの一つであり、Kerto LVL®で作られた建築パーツは解体・輸送・再構築が可能です。フィンランドの木材がどのようにエコでサステナブルに使われているのかご来場の皆様に実感していただければ幸いです。

インテリアは有名なデザイナーUlla Koskinenによるデザインです。

オリンピック

ナショナル
パートナーハウス

東京オリンピック・パラリンピックの開催期間中、メッツァ・パビリオンはフィンランド代表チームの
公式ナショナルパートナーハウス「Home of Finland」に生まれ変わります。

オリンピック・パラリンピック期間中は一般向けの完全事前登録制「Home of Finland見学ツアー」を開催
します。フィンランド大使館敷地内にナショナルパートナーハウスが所在するため、実際に
フィンランドを訪れる体験をしていただけます。詳細やツアーの申込みはこちらのページの下のリンクを
ご覧ください。

プログラム&

イベント

メッツァ・パビリオンのオープン期間中、フィンランドの主要産業や特化した分野を軸に、完全招待制の
セミナーやネットワークワーキングレセプション、フィンランド企業のイベントなどを行います。
サステナビリティ、観光(Visit Finland)、バイオエコノミーをはじめ、フィンランドのノウハウを幅広く
パビリオンイベントで紹介します。

一般の方も参加申込いただけるパビリオンツアーやオープンハウスイベントでは、パビリオンのパートナー企業各社、フィンランド大使館、フィンランドセンターや他の関連組織の協力により、フィンランドのノウハウや文化を広めるプログラムを開催予定です。現在お申込み可能なイベントは下記のリンクをご覧ください。